半月板損傷などひざの痛みのことなら、京都駅前『関西予防』にお任せください。

自然形体療法

関西予防医術研究所

〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53ケンジントンハウス406号室
〒526-0263 滋賀県長浜市小室町555

☎受付

9:30~20:00

お気軽にお問合せ下さい

075-661-1662

三重県から約4年ぶりに膝痛で来院!
帰宅後の対応で痛み消失!!

先日、約4年前に半月板損傷で関西予防医術研究所に来院しマラソンが出来るまでに復帰されていた方が膝を痛めて来院されました。今回はお父さんと話している時に段差から踏み外し膝を痛めたとのこと。靭帯が伸びてるかもしれないとのこと。膝が伸びない・歩行も辛い状態です。

 

今まで快調に使えていたのに再び膝を痛めたと聞いてショック!

今回は病院にも行かずにご主人に連れられて関西予防医術研究所に直行されました。

3時間かけて三重県からご主人が連れて来られます。

 

膝が曲がったまま(ロック状態)だったのが施術途中から伸びるようになりご主人に「今、膝伸びてる?」

ご主人「うん、すごく伸びてる。すごいなあ!」と嬉しそうに会話されていました。

 

歩行も楽になり喜んで帰られたのですが帰ってから膝が痛くなったと、とても心配な声で電話がありました。この方は関西予防医術研究所の自己療法を受講しておられるので原理原則を理解して頂いています。電話での質問にもお答えしますので安心して頂いています。

今回は痛みの解消をするお手伝いです。どうすると膝に痛みがあるのか細かくお聞しき、先程施術している状態と重ねて原因を想定し手入れ方法をお伝えしやって頂きました。そうすると「痛くないです!」と嬉しそうな声が電話口から聞こえます。

痛みが消失!これで今後安心して生活が出来ます。自己療法は単なる手入れ法をお教えするのではありません。一生使える基本原理から各部位別、症状別までをお教えして、こうして電話ででも対応できるように3年間のフォローを無料でさせていただいています。

 

 詳しい症例はこちらからご覧ください。

※これはあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。