半月板損傷など膝の痛みや、オスグッド、シーバー病、有痛性外脛骨など成長期の問題、スポーツによるケガなど

膝を曲げると左下腿外側痛い

44歳   男性  会社員  京都府

 

1か月前から痛い。仕事で残業が続いた。重い物を持って左に置く作業をしている。

今まで1年に1回は痛くなり病院で痛み止めや湿布で乗り越えてきたが今回は痛みが引かない。

病院でレントゲンを撮ったが骨に異常なし。

上司に紹介されて来院。(上司の息子さんが以前オスグッドで来院し回復しました。)

 

主訴

・座っていると痛い(立っている方がまし)

・膝が曲がっているといたい

・車の運転で痛い

・椅子に座っていると痛い(食事をしている時も痛い)

・階段の昇降が痛い

・痛みのある部分を触ると痛い

 

普段は毎日6km走っているが痛くなってからは走っていない。

「オスグッドと、この痛みとはまた違いますよね。」と不安そう。

 

この位置から曲げると痛い

施術後は曲げても痛くない

施術を開始する。歪みはひどくない。筋肉の状態を触診しながら進めていく。

痛いと言っている部位の筋肉が棒のようになっている。

 

左足全体の緊張も確認しながら腰の方まで施術を進めていく。

インナーを触診するとくすぐったい。これは緊張が強い状態である。

じわじわと緊張を取っていくとくすぐったさが解消する。

 

 

ご本人いわく「何か足が楽になってきたように思います。」

その後腕や手首も触診すると緊張が強い。

左半身の疲労が蓄積し筋肉が緊張して関節に負担をかけていた。

 

一通り施術をして動かしてもらう。

「曲げても痛くないです!さっきまで痛かったのに大丈夫です。座っていても痛くないです」

とびっくりしている。

 

その後痛くて辛かった話を聞かせて頂きました。

施術後の注意点や次回施術までの説明をして終了しました。

 

 

約1か月後に2回目の施術。

1回目の施術2日後に今まで痛かった部分の痛みは解消したが違う場所が腫れてきたとのこと。

病院に行こうかと思案していた所腫れが引いてその後痛みなく生活や仕事もしているとのこと。

絶好調ですとのこと。

 

ランニングも1週間前から再開したとの事。

 

ただ、その後の状態を見せて下さいと伝えていたので調整を兼ねて来院。

施術をすると腰の硬さや筋肉の緊張が右側とは違うので、施術後定期的に身体の手入れを

していかれるように伝え終了しました。

 

この方は夏場はシャワーだけで湯船に浸かっていなかったようです。

筋肉疲労を取るにはお風呂に入り湯船につかる事がとっても大切です。

そのうえで充分な睡眠をとると睡眠中に回復していきます。

 

※これはあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。