半月板損傷などひざの痛みのことなら、京都駅前『関西予防』にお任せください。

自然形体療法

関西予防医術研究所

〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53ケンジントンハウス406号室
〒526-0263 滋賀県長浜市小室町555

☎受付

9:30~20:00

お気軽にお問合せ下さい(京都)

075-661-1662

0749-53-4321(滋賀)

紫斑病

医療機関で「紫斑病」と言われた・・・

原因不明!!

運動は控えて下さい、動かさないようにして下さい・・・

一生この病気と付き合っていかないといけないのか・・・

投薬をやめたいけど・・・

出口の見えないトンネルからなんとか抜け出したい・・・

親として何とかしてあげたい!

  • 自然形体療法は、高い確率・短期間で多くの様々な症状の方を回復に導いた実績があります。免疫力を上げるノウハウがあります。

自然形体療法では
10年以上前から実績あり

自然形体療法創始者故山田洋先生がアレルギー性紫斑病発症の根本原因から治癒に至るまでのメカニズムと施術法を確立し、10年以上にわたり、高い確率かつ短期間で多くの様々な症状でお悩みの方が回復されています。

自然形体療法の独自見解

紫斑病

1.紫斑と赤斑・・いったい何が違うのか

自然形体療法では赤斑はジンマシンや通常の赤斑、虫刺されかゆみ等々は毛細血管が拡

張し、皮膚の下に赤血球の色が見える場合と考えている。

この場合は血管の拡張が収まれば、すぐに赤みは消えてしまう。

これに対して紫斑は赤斑を超えた内出血ではないかと考えている。だから、最初は赤斑

に見えていたものが時間の経過と共に紫色に変色する。内出血の特徴である。赤斑は内

出血ではないので、一時的な血管の拡張が収まれば、通常に戻るのである。

自然形体療法は分析的科学手法によって検査確認しているわけではない。仮説を立てて

施術し結果を確認、その経験の繰り返しの中で構築された経験則が紫斑病の施術法にな

っている。創始者山田洋先生は実に詳細な事実データを蓄積しながら施術を繰り返すこ

とで成果を上げてきたのである。

2.紫斑病の発生過程の仮説
  1. 紫斑病で来院する多くの子供さん(関西予防医術研究所では6~7割が子供さんである)を施術する時、特徴的なのは頸椎の歪みが多くみられることである。同時に頸椎周辺の筋の緊張が強い。筋肉の緊張が強いから歪む、歪むから筋肉の緊張がより強くなるという相互影響関係にあるとも言える。

  2. なぜ頸椎に異常がみられるのか。慣れていないとよくとわからないほどの微細な歪みや緊張であるが、この異常が解消できれば結果的に諸症状が解消していく。考えられるのは強く頭や首に衝撃を受けたことはないかということである。もう一つ出産時に首を痛めてはいないかも気にかかるのである。

  3. 紫斑を作る原因は身体の脳の誤認ではないかという仮説。ヘルペスが痛み又はこれに類する症状を火傷と誤認して水泡を作るのと同様に、紫斑病は内出血をさせて対処するのではないか。すなわち、痛みやこれに類する症状を一時的打撲による損傷、別の原因による組織の損傷と誤認し、緊急に組織の損傷を修復させ様るための身体の防衛反応の結果ではないだろうか。

  4. 足の痛みが見られることも多い。膝が痛くて遊び盛りの子供が動けない。気の毒な状態である。幸い足の痛み、足関節の痛みに関して自然形体療法は、世界で初めて発見された動作転位理論があります。紫斑病の多くの場合「擬似動作転移」による痛みなので自然形体療法独自の施術道具MC(マザーキャット)という施術道具を使った「MC動作法」という手法も確立されていますから、簡単に痛みをとってあげることができます。痛みが消えると同時に薄い赤斑は見る見る消えて行きます。赤斑の濃いものは薄くなり、紫斑さえも薄くなり、時間の経過とともに消失していきます。

  5. 手・腕の痛みも足と同じ理由で簡単に解消します。

  6. MC施術手順に従って一つ一つ解消していけば終了である。先程までの痛みは、嘘の様に消え、立って歩いても何事もなかったかの様に普通に歩ける様になって、付き添いの親御さんは驚きの眼で、その様子を追う事になる。

 

 

 

紫斑病と診断され自然形体療法の施術を受け回復された事例をご紹介致します。

↓↓↓クリックしてご覧ください。↓↓↓

紫斑病、共同研究する藤村博士の見解

1型アレルギーの研究者 医学博士藤村克也先生

自然形体療法の理解者であり医学博士藤村克也先生は自然形体療法に関心を持ちアレルギー性紫斑病についても自然形体療法の施術がどのような変化を引き起こすのか研究されています。

 

アレルギー性紫斑病について藤村博士の見解

紫斑については

外来の異物を除去するためにあるIgAと言う抗体の異常により、全身の細小血管にIgA抗体やIgA免疫複合体が沈着して免疫学的過敏反応が起こり、例えば好中球が血管を損傷したりして皮下出血し紫斑が出ると考えられます。

 

腹痛・関節痛・腎炎について

また、同様なプロセスで腸の血管から漏れ出した液体により浮腫ができて腹痛が起こります。他に関節痛なども起こります。アレルギー性紫斑病が悪化すると腎臓のメサンギウムにIgA抗体やIgA免疫複合体が沈着して紫斑病性腎炎になります。 アレルギー性紫斑病と比べて予後が悪い紫斑病性腎炎では、多くの場合、そのIgAには、遺伝的な糖鎖の欠損が認められ親から遺伝します。

しかし、IgAに遺伝的な糖鎖の欠損が認められる近親者が、すべて紫斑病性腎症になるわけではありません。そこには、まだ、未知の発症メカニズムがあり、これから研究を進める必要があります。

 

身体の打撲などが抗体刺激の引き金を引いている可能性もあり

 

アレルギー性紫斑病では、先行してウイルス感染、細菌感染、食品、薬剤、虫刺され、寒冷暴露、化学物質などが抗原刺激の引き金を引きIgA抗体やIgA免疫複合体ができると考えられており、体の打撲や不具合が同様に抗原刺激の引き金を引いている可能性も排除できません。


自然形体療法の施術は、体の痛みや、不具合を和らげ治療する歴史のある施術法で、その施術を受けた多くのアレルギー性紫斑病患者さんから評価されており、病院での治療とともに併用されることをお勧めします。今後、自然形体療法総本部により設置された先制医療研究所において、自然形体療法の施術によりアレルギー性紫斑病の患者さんの体にどのような変化が起こるかの基礎研究を進めていきます。

医学博士 藤村克也

 

 

紫斑病施術 エビデンス(医学的裏付け)への道

 

「小さな命が呼ぶとき」というハリソン・フォード主演の映画をご存知ですか?

 

平均寿命9年という難病、ポンペ病に侵された二人の子どもを救おうと

エリートサラリーマンを辞めて治療薬開発のためのベンチャー企業を設立し、

天才だが偏屈な研究者と苦難の末に特効薬の開発に成功した感動実話です。

 

全てを捨て、我が子の為に治療法を探す親の愛はひたむきで純粋。

一心に捧げる愛が奇跡を起こします。

子供の命のためなら何だってしてあげたいという気持ちがまっすぐに伝わってきます。

数万人に一人という奇病でもあるポンペ病は、患者数が少ないため採算が取れないとし

て治療薬の開発も進んでいないという実情があります。

これは今でもよく見られる現実の問題です。

 

実は、今、ここで取り上げるアレルギー性紫斑病も同じ事情を抱えています。


アレルギー紫斑病も患者数が生活習慣病などと比べ圧倒的に少ないため、

今なお決定的な治療薬は開発されていないのです。

現実は小さな子供から成人まで多くのアレルギー性紫斑病の方がいます。

 

かわいい子が紫斑病になり、出口の見えない絶望の中で憔悴する両親と

数多く接するにつけ、子供さんを元の元気な状態にしてあげたい。

アレルギー性紫斑病で悩む世界の子供たちとそれを見守るご両親に喜びの笑顔を

プレゼントしたい!

 

何時しか自然形体療法の施術で紫斑がすぐに消えた、足やおなかの

痛みが消えたという話が口コミで広がり、多くの方がお見えになります。

こうした効果ある施術法を更に研究し、世界中に広げることが責務です。

 

もちろん難しい事例もあります。一旦好転しても戻る例、一番警戒しなければならない腎臓病の兆候がわずかでも見られる例(この場合は即座に病院に行っていただきます)・・。まだまだ研究途上の面があります。

自然形体療法のノウハウで救われる方がもっともっと多くなるよう、医学者のお力をお借りして、検証しながら精度を高め世界の子供たちに朗報をプレゼントしたいと願っています。

 

 

自然形体療法の取り組み

このアレルギー性紫斑病に焦点を絞り、一般社団法人先制医療研究所を設立し、

医学博士藤村克也先生にも理事に就任頂きアドバイスを受けています。


藤村先生は1型アレルギーの研究者であり医療用水素ガス・水素水の研究者でもあります。藤村博士と自然形体療法が連携することで紫斑病へのアプローチの道が広がりました。

 

そのきっかけはアレルギー性紫斑病は、藤村博士によれば別名「リウマチ紫斑病」

とも言われ、いわば同類、同根といえる要素があるということです。

 

実は自然形体療法ではすでに「リウマチこうすれば治る」という本を出版しています。

リウマチも得意な分野の一つです。

リウマチに関して藤村博士の専門分野である医療用水素水が大きな成果を上げて既に学会で発表されています。

2015年3月21・22日第5回分子状医学シンポジウムでリウマチの87%の患者が寛解したという報告がされています。(「水素分子に期待される血管運動機能改善作用」「リウマチにおける、水素溶解生理食塩水の点滴の治療効果:無作為化、二重盲検プラセボ対象試験」)

 

リウマチに関して水素水が87%有効なら、同類、同根のアレルギー性紫斑病にも有効

なのではないかという仮説を立て、水素水を摂取しながら施術を行うというプロジェク

トもスタートしたところです。

 

これまで、アレルギー性紫斑病については、自然形体療法の施術で紫斑が消える、

足の痛みが解消する、腹痛がなくなるなどの治癒事例が多数あります。

しかし、正直なところ難しい事例もありました。

 

一旦好転するが、すぐに戻ってしまう例、時間が経過するにつれ腎臓に問題が出てくる例もありました。ですから自然形体療法の紫斑病施術が万全だとは思っていません。何とか医学者とのコラボで医学的なエビデンス(医学的裏付け)がほしいと願っています。専門医の方の前で施術を見ていただき医学的検証ができないものかと今もその方法を模索しています。

 

医学者・医師の先生方に私たちのノウハウが提供でき研究が進み、少しでもお役にればと切望しています。そのため本文冒頭のポンペ病のように不可能を可能にする研究を地道に模索し継続していく覚悟です。

 

 

地球上の、すべての

紫斑病に苦しむ子供たち、

そして、出口の見えない苦しみの中で

見守るしかないご両親の

安心と笑顔のために。!


平成16年4月15日

自然形体療法総本部
関西予防医術研究所
会 長 宇野敏一

 

 

 

紫斑病と診断され自然形体療法の施術を受け回復された事例をご紹介致します。

↓↓↓クリックしてご覧ください。↓↓↓