半月板損傷などひざの痛みのことなら、京都駅前『関西予防』にお任せください。

自然形体療法

関西予防医術研究所

〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53ケンジントンハウス406号室
〒526-0263 滋賀県長浜市小室町555

営業時間

10:00~19:00
詳しくはこちら

☎受付

9:30~19:00

お気軽にお問合せ下さい(京都)

075-661-1662

0749-53-4321(滋賀)

半月板損傷、30代女性の症例

半月板損傷手術が嫌!半信半疑で来ました。でも来てよかった!

37才  女性  (元整形外科看護師) 三重県

 

約1年半前に左膝半月板損傷と診断を受けた。

その後今年の5月に、半月板損傷と靭帯も損傷していた部分を
打撲したため痛みが再発。

半月板損傷の施術後、
外で久しぶりの疾走!

階段の昇降もスイスイと
出来るようになった!

 

半月板損傷・現在の状態
・歩行時痛い(子どもと歩いていても同じ速度で歩けない。置いていかれる)
・階段の昇降で痛い
・走ると痛い
・立ちっぱなしで痛い
・捻じると音がする

 

 

病院で手術しか回復する方法がないと言われた
家の事情を考えるととても出来ない。
何か方法がないかとホームページを検索。

 

 

 

関西予防医術研究所にたどり着く、
が、整形外科の元看護師さん。

 

 

本当に半月板損傷が手術しなくても回復するのかと
半信半疑で来院する。

 

 

 

荷物を持つと膝が痛いのでかわいい子供さんが
お母さんの荷物を持って2人で来られる。

 

ご本人に身体の状態を説明しながら施術を進めていく。

自分の身体の状態(身体の歪み)を確認する。

半月板損傷による膝の痛みで他の部位にも負担をかけてきたこと。
それによって膝以外にも痛みの出るところがある。

その中で「施術してもらっていて初めて、すごく足を酷使していたことに気付きました。
本当に足に申し訳なかったと思いました。」とご本人の感想。

 

施術後足が軽くなる。動かしやすい。

 

1回目の施術終了後自分で身体のケアをする方法を伝授。

これから先、運動が出来るようになりたいとのこと。
教える方も教わる方も自然と熱が入る!!

 

その後2回目の施術で、1回目の施術では出来なかった施術が出来るようになる。
膝の動きがスムーズになってきた。

ホテルに帰ってから今日教えたことを復習するように伝えて
本日の施術は終了。


翌日3回目の施術を開始する。

「昨日の施術後、歩いても走っても膝に痛みが出なかったのでびっくりしました。」
と嬉しそうに報告。

 

笑顔を見ているとこちらまで嬉しくなる。
何としても運動が出来るように回復してほしいと思う。

今日は膝よりも負担を掛けてきた部位の方が気になる。
施術後外に出て実際に動いてもらう。

 

階段の昇降をするために少し歩く。
付き添いに来ていたかわいい子供さんも一緒。

「今まで歩いてても子供に抜かされていたのですが今日は子供より
早く歩けます」と嬉しそう。

そんなお母さんと一緒に歩いて子供さんも嬉しそう!!

 

階段の昇降をしてもらうと「痛くない!」
何度もすると少し痛みが出てきたので痛みの取り方を指導。

本人にやってもらうと痛みが消失!

 

その後走ってもらう。途中で少し痛みが出たので自分でケアしてもらうと
痛みが消失!

「久しぶりにかなりの速さで走りました」ととても嬉しそう。

 

「実はこんなこと言って申し訳ないのですが、
本当に回復するのかと半信半疑だったんですが来て良かったです!!
本当に嬉しいです!!」と満面の笑み。

 

患者さんの笑顔を頂くとまた頑張ろうとこちらも勇気を頂きます!!

 

帰ってからも自分で頑張ってやっていきますと話しておられました。

施術中かわいい子供さんは、本当におとなしくお母さんを待っていてくれました。

御苦労さまでした!!

 

 

ご本人の感想

↑クリックで拡大します

 

初めて治療して頂き、こんなことで(ごめんなさい)治るの?と思ったのですが、して頂いてたら、ものすごく左膝の半月板損傷をかばっているため、気付かなかったこりが足や股関節に出てきて、びっくりし、こんなにこっていたのだと、自分の足ながらかわいそうになってきて、泣けてきました。

だんだんこりがやわらかく柔軟になって、1日目の夜は急な階段も上り下りが痛くなかったです。
2日目の日は、して頂いた後、階段ののぼりおりしたとき、すごく楽でびっくりでひさしぶりにスッスッとすばやく上り降りできうれしかったです。痛くないんです、もうびっくり!!

走るのも、こんなに速く走ったのは2年弱ぶり!!うれしい

なによりも日常生活で、友達と出かけても、歩くのが遅いので、あまり外出したくなかった。憂鬱でした。

子供からも遅れてくのが、スッスッと、速く歩け、今日は子供の前を歩いてて、
子供もビックリ(笑)何よりうれしい!!

荷物持ちでついてきた子供(荷物を持つと、膝に負担が掛かり痛いため、荷物も普段から持ってもらっていました)これからは持てそうです。今までいろんなことで家族に迷惑を掛けた事が、これからは全部出来そうです。

手術しかないと言われ、でも家族もみんな疲れてきて、手術は出来ないし、痛いし、と困り果てていたところ、パソコンで見つけ、半信半疑(ごめんなさい)でしたが、本当に、本当に嬉しいです。来て良かったです。

靭帯も手術せずに治る。夢のような話ですが、本当です。
本当に出会えて良かった、ありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

※これはあくまで個人の体験談であり得られる結果には個人差があります。

手術を覚悟していた。それが3日で全回復!

32歳 女性 三重県

最初来た時はここまでしか膝が曲がらないこれが限界

2日目しゃがめるように
なった!

3日目全力疾走!

喜びの半月板損傷回復パターンです。

スノーボートをご主人と一緒にずっとやっている。
3年前から左ひざが痛くなったが、痛み止めの
薬と注射で続けてきたという。
いよいよ限界。スノーボートの仲間のうち何人も半月板損傷で手術しているという。
主治医からは半月板損傷は手術しても再発するかも知れないと言われたという。
できることなら手術したくないということで
三重県から車で3時間かけて来院。
膝が曲げられない。蹴る様な動作も痛くて出来ない。
走るのはもちろん、歩くときもびっこをひいている。


いつもどおり慎重に半月板損傷短期集中回復プログラムを実施。

最初の検査時90度程度しか屈曲できない。
当然走ることも出来ない。痛みを恐れ歩行時もかばっている。

2日目 屈曲も完全に出来るようになった。
    正座して「わあ~3年ぶり・・・すご~い」
    その場駆け足して下さいといっても
    痛みが怖くて出来ない。身体が怖がっている。
    「その場駆け足しで痛くなったらその場で
    やめたらいいですよ。
    万一痛くなっても私が責任を持って
    痛みをとりますから大丈夫ですよ。
    ゆっくりでいいですから始めてください」
    次第にスピードを上げても痛くない。

「うそみたい」目に涙がにじんでいる。

3日目 外で恒例の全力疾走。途中でジャンプしても

    大丈夫。いつもながら「よかったですね」と感動します。

 

「半月板損傷回復ー喜びの手紙」には次のように書かれています。

↑クリックで拡大します

三年前にスノーボードで左ひざを痛めました。最初に行った整形外科では靭帯が伸びているのでなおらないと言われ痛み止めの薬を出され、それを飲みながらスノーボードを続けていました。

痛みがだんだんひどくなってきたので、友達の紹介で別の病院にいきました。MRIの検査をしたところ半月板が損傷しているとのことでした。手術でしかなおらないと言われました。

どんな手術だろうとインターネットで調べていたところ自然形体療法を知りました。

手術の前に受けてよくなればいいけどな・・くらいの気持ちで受けてみました。

すると3年間の痛みがうそのように走れるようになりました。

家族もびっくりしています。

 

※これはあくまで個人の体験談であり得られる結果には個人差があります。