病院に行っても、薬を飲んでも
起立性調節障害の根本的な解決になぜならない!?

自然形体療法 会長 宇野敏一

自然形体療法ではこれまでの施術実績・研究成果をまとめて起立性調節障害の施術法が再発表されました。印象的だった最近の施術報告では、立てないため這って施術を受けに来るほどの重度の高校生の事例の回復例も紹介されました。

【所見】

自律神経には、血管を収縮させて血圧を上げたり、血管を緩めて血圧を下げたりする働きがあります。
 
例えば、横になった姿勢から立ち上がると、重力によって下半身に血液が集まります。通常は自律神経の働きで調整機能が働いて、脚の血管を収縮させて血圧を上げ、上半身にも十分な血液が流れるようになっています。
ところが、起立性調節障害はこの調整機能が働かなくなることで脚の血管が十分に収縮しなくなります。血圧が十分に上がらず上半身の血流が不足するという結果になります。朝起き上がることができなくなるという現象はこうしておきます。これが起立性調節障害の特徴の一つです。
 
そのもとには姿勢の悪さ、体幹の歪みや捻じれ、その他ストレスや不規則な生活、運動不足などが原因となって自律神経のバランスが崩れていることがあります。
 
起立性調節障害の症状は食欲不振、寝つきが悪い、めまい、立ちくらみ、頭痛、腹痛、起立による失神、イライラ、無気力などがありますが、1日中続くとは限りません。それは起床後から徐々に自律神経がしっかりと働くようになって、午後からは学校に行けることも可能になります。
 
そのために周囲から理解されにくく、"単なる怠け"などと誤解を受けることもあり、本人も学校を休んだ罪悪感から自分を責めてしまいがちです。
このフォローには長年不登校・ひきこもりの問題と直接かかわってきた経験豊富な専門家としての私宇野敏一の知識と経験が役立ちます。

結論から言えば大丈夫です。一本の電話から道が開けます。

決して不治の病などではありませんし、行く末を案じることはありません。
まず大切なのは、「もう大丈夫という安心」です。神経伝達が正常になるように身体の歪みや捻じれをしっかり検査して整えます。骨盤の歪みや捻じれを整え、背骨も頸椎も整えますと背骨や頸椎の中には神経が通っていますから、神経伝達がうまくいかなくなります。になります。自律神経機能に障害が出るのは物理的現象といえます。
 
物理的現象として身体の営みをとらえますと、歪んでいれば真っ直ぐにしたらいい、捻じれていたら、捻じれ解消の手法で真っ直ぐにすればいいということになります。

自然形体療法の「施術を行い、あなたの状態を確認し、身体の歪みを整えていきます。

施術のない日は自分で「セルフケア」を行う、あるいはご家族にお手伝い頂き体の歪みを元の状態に戻していきます。
 
午前中は立ち上がることができないで這うようにして連れてこられる子が1~2か月後には自分で歩いてきますし、多くは半年位で元気を回復していきます。
 
こうして身体の歪みや捻じれを整えていきますと自律神経機能が整って本来の元気を取り戻すということになります。自然治癒力が力を発揮する条件を整うからです。
 
「身体は直りたがっている」と私たち表現します。
身体はいつも正常に戻ろうとしてくれています。それを妨げている要因を一つ一つ見つけて解消していけば身体が治してくれます。自然治癒力の力が最大限発揮できるよう身体を整える役割を私たちがお手伝いするということです。

身体のほかに心理的ケアも必要な事例

自律神経失調症の要因となる精神的(親、学校、友達、勉強など)ストレスは、起立性調節障害の要因の1つと考えられています。 

 

平穏だった家庭で、自慢の息子が突如学校に行けなくなって大慌て。夫婦間でも揉めるようなことがあります。子供はそれを敏感に感じ取ります。自分のせいで両親が揉めていることに強いストレスを感じます。 

 

家庭だけでなく、学校でも友人たちに心ない言葉を言われたり、勉強の遅れに焦りを感じたり、様々な心理的負担が子供に押し寄せてきます。自分で自分を責めていく。こんなことではいけないとわかっているのに、どうすることもできないという心理的負担はさらに自律神経の乱れを生むという悪循環になっていくことが多いです。

 

肉体的な問題、身体の歪みや捻じれによる自律神経の乱れ、身体の歪みや捻じれをもたらしている筋肉の過緊張の解消を整えることが第一。次に大切なのは心理的ストレスがたまっている場合です。繊細な感受性の子ほど自分を責めて落ち込んでいます。 

 

こうした心理的ストレスについては切り札になる方法があります。私が80回も行ってきた2泊3日あるいは4泊5日の研修です。この研修で誰もが自分の悩みから解放できるよう道先案内をしてあげれば、間もなく「元気」を。本来の自分を取り戻します。

 

「身体は治りたがっている!」それを妨げている要因を取り去ってあげれば、元気になって当然です。同時に「心も解放されたがっている!」それを妨げている要因を自分でとる道先を案内すれば自分で自分を解放していきます。

起立性調節障害 料金表

初見料 2,200円
施術料 7,700円
ホームケア受講料 38,500円
回復プログラム(1泊2日) 2日間で施術3~4回+ホームケア

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

関西自然形体研究所

無料相談会実施中です。お気軽にどうぞ!

どんな質問やご相談にも誠実にお応えします。

起立性調節障害・不登校・ひきこもりの問題、子供の姿勢問題、養護教員研修を行ってきた自然形体療法会長 宇野敏一へ直接のお問合せはこちら

080-1180-4117

会長直通電話受付日時:10~12時:14~17時

養護教員研修、スポーツクラブでケア法講習、小学校で姿勢講習を現在も行っています。

私達にお任せ下さい。

宇野 敏一

自然形体療法総本部会長

自然形体療法関西スクール代表

子供さんからお年寄りまで、全身の関節の痛み解消から手入れ法、姿勢に関する様々な問題まで分かりやすくお伝えいたします。ご安心ください。

中村 美由紀

自然形体療法総本部上級本部師範

自然形体療法関西スクール指導講師

お子様のスポーツ障害から女性特有のお悩み、自律神経の不調お任せ下さい。施術と自己療法・鍛錬法・筋トレ・ストレッチにも力を注いで思いやりのある健康作りのお手伝いを誠実にしていきます。

安田 健太郎

自然形体療法総本部本部師範

主に滋賀県長浜市と愛知県東海出張所を担当しています。スポーツ障害はもちろん、どこに行っても良くならない体の不調もお気軽にご相談ください。一緒に元気な体を取り戻しましょう。